記事一覧

簡易HR計算

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール・ド・大山!前日の試走レポート【後半】~レポート45~

こんばんは!
ツール・ド・大山、開催日から早3日経ちました。
思い起こせば、雨と風邪で中止になったことで
走れなくなったことが悔やまれます。

中止とわかったからには、どうします!?
初の大山、とういうことは観光でしょw

いつやるの!?今でしょww


というわけでUさんが調査していてくれていた
海鮮丼が美味しいお店へ!

山芳海産

かなり有名だそうです!

ここでまさかの丼に出会いますw






生しらす丼!


最高です!!食べたかったものがついに!!!

ごちそうさまでした!

ごはんを食べ終わった二人はそのまま姫路へ帰路へつくのでした。



晴れてコースを走っていたらどうなっていたのか。
最後の10%の試練を戦えていたのだろうか。

いろいろな考えがでてきましたが
来年リベンジしますw



それでは、
ツール・ド・大山の前日の試走レポートの後半戦です!

ツール・ド・大山!前日の試走レポート【後半】
~レポート45~
いく?いかない?決断の時


=================
ツール・ド・大山!前日の試走体験追記【前半】

大会案内PDF26

50.2kmエイドステーション地点に到着した二人。
しばしの休憩の後、最後の追い込みが始まる。

ツール・ド・大山コース案内PDF

26~35区間。

淡々と上りと下りをこなしていきます。
変化があるとすれば体力を奪われた二人が少しずつ無口になっていくこと。



このトンネルを抜ければ!!

と自分を奮い立たせていました。
Uさんもきっとそうだと思います。
32地点でまたもや上り区間へw



もういやだww

それでも、帰るにはペダルを回すしかありませんw

第二チェックポイント地点をパスし、
下り区間へ。

それから33地点を左折し一息坂峠を上ります。

ここも緩やかだけど長いw


このダラダラ峠を上っていると、
見覚えのある背中が!!!



その背中を追いかけようとしたときに
Uさんが

「頂上で会おう!」

と声をかけていただいたので


私はUさんを残し、見覚えのある背中を
追走モードへ突入。




Uさんごめんなさい!
わたし、先にいきます!


確実にペダリングするその背中!
見覚えある!さっきのおじさま!!

私が夢中にペダリングしていると、
追いつきそのまま

「後ろ抜きます!」

と間髪いれず挨拶しパスしました。

スレ違いさまにお疲れさまです!
と声をかけながら一息坂峠の頂上へ。


頂上で2~3分待っていると
さっきのおじさまが一息坂峠の駐車場へ到着。
それからもうすこししてUさんが到着!




それから三人漫談モードへw




Uさんから嬉しい一言をここでいただきました。

「やっぱり速いわ!上り!」

と。

じつはステキおじさまにも

「速いですね~」

と言われました!

マジでうれしかったです!
これも日々の菖蒲谷訓練の成果だと思います。

本当に速い人は、Stravaで確認する限り、倍以上の速さですw

実業団とかなんでしょうね、きっと。。。

漫談モードで三人で話していたのですが
しかし、ここで重大なミスを、私が犯しました。
ボトルから水をのんていると、ボトルが空っぽにw

Uさんいわく、
「この先補給無いでw」

なんですってwww
もう、これは、オレにしねって宣告されたのも当然じゃんw
あの時の自販機ががががが・・・


いや!展望台にいけばトイレがあるはず!
その手洗い場から補給すれば!!
背に腹は変えられぬ!命の方が大事!!


それからトイレもしくは自販機、水飲み場を探しなが一息坂峠の下りへ。


なかなかそういう場所が見つかりません。
(この時はコースマップは頭に入っていませんでしたw大会案内PDFにはしっかりのっていますw)

それからついにトイレを発見!!
香取展望台。

ここ手洗いの蛇口から水をボトルへ流し込む。

正直言うとこんなことしたくないw
でも命にかかわることだから我慢!!
といいきかせて、水を補給。

それから走りだして2分も立たない内に
右側に自動販売機を発見!!


よっしゃーーーーーーーーーーーーーー!!!!

すぐさまポカリをチョイス。
なきながら水分補給しました。
それからすぐに出発。

ここで本来なら右折、37地点で右折するのですが、
最後の10%の洗礼を受けて本番日を迎えられるか???
とういう二人の疑問ができ、明日に備えて??右折せずそのまま直進。

このコース(今回走ったコース)が
昨年のツール・ド・大山のコースだったそうです。

ところが、迂回路と、うぬぼれていたら
峠の洗礼を受けましたw

もう足がまわらないww

つづら折れのスタート地点で休憩。


もうあかんw休憩w
ここで我々アタック隊を救出してくれたのが
「塩」です。

Uさんがタブレットで塩を携帯しており、
それをガッツリいただくことに。
顔を触ってみると、塩がふきまくり。

そりゃ~だめだわww


ここでUさんから塩タブレットをいただきました。
この塩が効く効く!!!
急に足が回り出すようになりましたw

昔の戦にも塩は重要だったのがよくわかりましたw

これまでに、私は、スポーツ用のゼリーなどを
摂取していたのですが、この塩がかなり効きました!

つづら折れの洗礼を受けながら、
標高をあげていきますw

Uさんにいたってはほとんど、食べていない状態・・・
さすが鉄人ww



何度か休憩をいれて、ロープウェイのところへ。
つまりここの頂上です。


残りは下りのみw
それから一気にスタート地点に戻りました。

ショートカットしましたがかなりのハードコースでしたw
身体はつかれていますが、
自然が包んでくれる優しさが
その疲れを忘れさせてくれます。

もう一回、いや、何度でも走りたい。
そう思える場所です。

ここに訪れたことがない方は是非!
自転車だけではなくトレッキングでもすばらしいところです!

ただ雪だけは苦手なので冬は遠慮しますw

自分なりに課題も見つかりました^^;
それを克服してタイムアップをしたいですね!

来年、今度は晴れてくれよ!大山!


Strava大山ショートカットコース

==============
走行時間:4:46:52
平均速度:17.06km
平均ケイデンス:55
平均心拍:150
最大心拍:185
消費カロリー:2997kcal
==============

Uさんのブログ


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしひろ

Author:よしひろ
ロードバイク初心者のよしひろです。ロードバイクなどの体験日記。ごゆるりと〜〜☆

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。