記事一覧

簡易HR計算

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アワイチへの準備


みなさん、おはこんばんちは!
よしひろです!

さっそくですが時系列がバラバラなんですが昨年の夏、私はあるお手伝いをしました。


それは、普通の人が聞けば、えええっっ!!と驚かれることだと思いますが、私たち関西ローディーにとっては一つの勲章のようなものかもしれません。それは、ある島をぐるっと一周回ることなんです。

そう、云わずともしられている、

アワイチ

です。

アワイチは兵庫県の瀬戸内海に浮かぶ淡路島をぐるっと一周(約150km)を自転車などで回ることです。
最近ではメディアの露出も増えてアワイチという言葉を聞いた方も多いと思います。

まったり走れば楽しいのですが、私は先月末に忘年アワイチと題した!?実際はSTRAVAのFestive500のめということもあるみたいですが、そのアワイチに参加したのですが、参加されているメンバーさんが豪脚の方々ばかりで大変みなさんにご迷惑をおかけしました(^^;;

次回にこの地獄の内容を(笑)


実はそのもう半年ほど前、アワイチに挑戦しようと名乗りを上げたのがライダー一号さんでした!
ライダー1号さんは昔の同僚で私のよきライバルでした。

私が独り身でしたらおそらく2人で自転車など四国一周や日本一周などにでかけていたかもしれません。

彼はフルマラソンもこなしていた(過去形が気になる。。。)のですがここ最近はめっきりそういう影も見られないほどメタb。。。いや、やめておこうライダー1号さんの名誉のために。。。

話が逸れましたので元に戻します。

アワイチは約150kmの基本平坦な道のりを行くのですが前半に水仙郷という山岳地帯があり、その後、灘大川の激坂区間、と中盤にバラエティに富んだ難関が待ち受けます。これが50kmぐらいの工程ならまだもそのその3倍ですからね!
慎重にペース配分を考えました。

まずはアワイチを完走すること。

普段から走り込んでいるメンバーだとそんなことを心配するよりも自分が足を引っ張るので(結局足を引っ張ってますが(*´Д`*))そこがキモになるのですが今回はライダー1号さん。


週一ライダーということもなくたまに走る程度。


これは、完走できないかも。。。


私の頭に、リタイヤ、の文字が横切りました。


初心者のローディーさんをアワイチ完走へ向けての作戦を考えました。



  1. アワイチでのペース配分を守る

  2. アワイチで休憩、補給の頻度

  3. アワイチの山岳地帯のペース配分

  4. アワイチへの準備運動




1.アワイチでのペース配分を守る


一番必須事項かと思います。まずはゴールした時のアベレージを設定しました。
一周150kmで6時間、Ave. 25kmを一つの目標としました。

ロードバイクだと物足りないぐらいの速度かもしれませんが本当に一周できるかわからないのでこの速度としました。前半は誰だって元気です。しかも余裕のある速度なのですなおさらですが、後半になってその余裕の速度でもボディーブローのようにジワジワ効いてきます。

なので張り切りたいところなのですが初めから余裕の速度でいくことにしました。

夏真っ只中ということもありますので!

変にあげたり、ちぎったりしないで負荷が一定になるようにLSDを走るつもりで٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
あと、お願いしたのがケイデンスです。

ギアのチョイスといいますか、これ軽すぎじゃない!?と思えるぐらいでケイデンスが90になるようにお願いしました。これも一つの作戦でした。

ペースにもよると思いますがケイデンスが100を超えて乗っていると、週一乗るか乗らないかのライダー1号さんにはこのケイデンスが後からジワジワ効くのでは?と思い控えめのケイデンスでお願いしました。

ただ重すぎるギアは絶対踏まないようにとも付け加えました^_^

2.アワイチで休憩、補給の頻度



1時間に一回、もしくは25kmほど進む、のどちらか早い方で休憩を取るように考えました。
休憩するときは真夏でしたのでどうしても水分だけになりがちになりそうなので固形物を食べられるときに食べるようにお願いしました。
後半のための体力を残すためとエネルギー不足を防ぐためです。これもうっかり忘れると後半でジワジワ効いてくることを経験からライダー1号さんにいいました。
幸いにもアワイチではコンビニ砂漠と言われる地域が多少あるぐらいで自販機はそこかしことあるので水分に関しては安心ですね!
計画から出発から早くて3時間で福良で昼食を考えてもいましたので無理なことはないと思います。

3.アワイチの山岳地帯のペース配分



水仙郷に始まり幾度となく出てくる坂道。私が前で引いていくのですが、私の登りのスピードとライダー1号さんの登りのスピードは明らかに違いました。
私が早くいくことでライダー1号さんが焦ってペースアップしないようにしようとしました。
登りで脚を削られる後から効いてきますよね。初めは元気でも。
なので私が早く登ったときは、
ゆっくり時間は気にせずマイペースですよ!
と何幾度となくライダー1号さんにいいました。
実際に先ほども書きましたが地獄のアワイチでこの水仙郷で豪脚の皆さんについていこうとしたところ脚が全部持っていかれました笑

4.アワイチへの準備運動



乗れる日には1時間は乗ってもらうようにしました。
しかもめちゃくちゃ追い込め!といったわけではなく、自分で気持ちいいと思う速度でいいので、とお願いしました。
2の欄に記載しましたが、走って1時間か25kmのどちらか早い方が来たときに休憩すると決めていたのでそのようなお願いとなりました。
二ヶ月とか何週間とかのブランクで日本海ライドに二回もいった私の苦い経験からそのようにお願いしました。
その日まで全く何もしていないのにいきなり150km走れ!と言われても普段から走り込みなんてしない人だとかなり難しいと思いましたので。
ですので出発日の二週間前からはほとんど毎日走ってもらいました。
とにかく、真夏で全然乗ってない、ほとんど運動していないの悪い条件が揃っていましたので/(^o^)\
そして2016年7月30日。
ライダー1号さんの初アワイチの日がやって来ました。
無事にゴールできるのでしょうか。。。



本人はヤル気満々なんですが。。、
うーーーん。心配。。。



読んでいただきありがとうございましす。

当ブログはブログランキングに参加しています♪♪♪

よろしければ「清きの1ポチっと」お願いいたします!

みなさまの1ポチッとが元気の源です☆

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしひろ

Author:よしひろ
ロードバイク初心者のよしひろです。ロードバイクなどの体験日記。ごゆるりと〜〜☆

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。