記事一覧

簡易HR計算

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームの底力!!

みなさん、おはこんばんちは。

前回の続きです。

朝四時に出発した7人の侍は備前❤︎日生大橋を目指して相生を出発。
赤穂のセブンイレブンに到着。

備前❤︎日生大橋は赤穂からいくと、岡山県には行ってすぐのところにあります。
私たち一行はその一歩手前にいます。

岡山には入るにはいくつか坂を越えていかないと行けません。
しばしの休憩のち、セブンイレブンを出発しました。

ディーさんを先頭に出発しました。
出発してすぐに、

bizen_a1.jpg


きました、上り坂。。。( ;´Д`)


私は後方で走っていましたので、
バスク輪さんとセーテンさんが私の前にいらっしゃいました。

二人から、「前に」の合図をいただきまして二人を残して前にいかせていただきました。
先頭はディーさん、シンさん、そして、セイさんの順番で走っていました。
追いつこうとしたときに、セイさんがスピードをアップしました。私おそれを追ってペースをあげました。

セイさんに追いつき、なんとか抜いたのですが、
その後すぐにセイさん私をあっさりパスw

ついて行くものの

セイさんがそのまま一個目のKOMを獲得。
その1個目の頂上で兵庫県と岡山の県境を越えました。

bizen_a2.jpg

KOMのセイさんは写真なしw
ついで、

bizen_a3.jpg
ディーさん

bizen_a4.jpg
シンさん

bizen_a6_20150628222400fcf.jpg
バスク輪さん

bizen_a5.jpg
だるまマスター

bizen_a7.jpg
そして、ガッツポーズのセーテンさん!

全員無事に岡山県に突入しました。

目的地までの道のりは下り基調でスピードも自然とのります。
だるまマスターがダウンヒルを軽快にくだります!
私もそれに続いて走りました。

楽しい時間は本当に短く感じますね(*´ε` *)
それからは目的地に、あっっというまに、、、

bizen_a8.jpg
備前♥日生大橋に到着しました。


bizen_a13.jpg

bizen_a15.jpg

全員、思い思いにパシャパシャ!!

橋の上で大撮影会が始まりました!w

bizen_a9.jpg


この曇り空のお陰で、すごく神秘的な画が撮れました!

実は出発前の数時間前まで土砂降りだったのですが
幸運にも、出発前に雨はやみました。

このメンバーの中には強烈な晴れパワーを
持つ方がいらっしゃるんでしょうね^^

セイさんにお願いして私もパシャしていただきました。

「備前♥日生大橋」にちなんで

ハートのマークを。

bizen_a10.jpg



決まった!?!?
なんて二人で喜んでいたらもっと神秘的な事が起きました。

bizen_a11.jpg

雲の間から太陽の光がこぼれてきました!
今しかない!!これは!

bizen_a12.jpg
ダイヤモンドハートのできあがり♥

次は大きなハートを!

bizen_a14.jpg

奇跡はこれだけではなかったんですw


このダイヤモンドハートの撮影を撮影する人がw
更に撮影を撮影する人を撮影するという奇跡の連鎖が続きましたw

bizen_a16.jpg


あかん、このセイさんのかっこう面白すぎるw

しばしの、風景を鑑賞後、いよいよ帰路につく時がきました。
この時のわたしは臨時漕会さんの底力を知るよしもなかったのです。

変えるときに気づいたのですが
この橋の完成予想図の看板。

bizen_a17.jpg


名前は当初から♥マーク入りだったんですねw

帰路つく際には列車の先頭を僭越ながら
牽かせていただきました。

臨時漕会さんのマナーを修得するため積極的に声出しをさせていただきました。

往路で上りがあったということは?
復路でも上りがあるということですね!?\(^o^)/オワタ

列車のペースが乱れないようにそこそこのスピードで走らせていただきましたが、
上りといえばこのかた、セイさんがササーーーーと上り坂を登って行きました^^;

は、はやい〜〜

振り返ると、シンさんとディーさんが後ろにいらっしゃいました。
坂の途中で、シンさんとディーさんが私をパス!

まじっすかww

あっという間に置いて行かれました〜(^^ゞ

bizen_a18.jpg

頂上につく頃には列車が2つにわかれていました。
頂上を超えてその先をくだって、朝に来たセブン-イレブンで(あ、今も朝かw)
コンビニで私達先行組4人は後続を待つことに。

バスク輪さん、だるまマスター、そしてセーテンさんと無事合流しました。
元きた道をもどらずに、別ルートでスタート地点に戻ることになりました。

まだまだ、朝の静けさが続く中、7台編成の列車が走りだしました。
次は、高取峠を登らずに、海岸沿いで坂越からIHI経由の相生へ戻るルートです。

bizen_a19.jpg

この石畳、ツール・ド・フランスのパリ~ルーベの間にある石畳を思い起こさせるような・・・!?
石畳ですが全員難なくクリア(あたりまえかw)


高取峠を赤穂川へ降りたところから坂越の街なかをぬけて海を目指します。
そこから、そのまま帰路につくのかなと思ったのですが、

「あそこ行こう!大避神社!!」
「お!いいね!」
「あそこの坂がww」

とそれぞれ声が上がってきましたw

かねがね噂やブログで読んだことがありますが私が行くのは初めてです。
だるまマスターも時間は大丈夫??ということでさっそく行くとこになりました。

しょっぱなから素敵な斜度が迎え入れてくれますw
クライマーのセイさんがグイグイのぼります!
つづいて私とディーさん、シンさんと。

距離は短いのですが、最後の最後に痛烈な斜度が待ち構えてくれていますw
大避神社の手前で今回はゴール。

bizen_a21.jpg
マスターはいきすぎてもう少し上までご堪能(*´ε` *)

bizen_a22_20150628223411598.jpg
アルベルト・セーテン・コンタドールの登り炸裂!!
一眼がほしかった( ;´Д`)
かっこいいですね!!

間もなく全員登りきました。
時間がもう少しあれば境内までということだったのですが、
だるまマスターのカラータイマーが鳴り始めましたw

ですので今回は境内はおあずけということで。

全員揃ったところで、すぐに下りました。

bizen_a23.jpg


それからは相生へ道を爆走。

大避神社を出発してまもなく、
臨時漕会さんの底力を見せつけられましたw

坂越のところから相生へ向かうときに、はじめにいい感じの斜度の短い坂が迎えてうれるのですが、その手前から、ディーさん、シンさん、バスク輪さんが一気に加速。

私もセイさんも巡航ペースでその短い坂をクリアしようとしていたのですが、
猛烈な勢いでその3人は消えていきましたw

「アウターやで、アウター・・・アウター・・・」

取り残されたセイさんが壊れている感じで放ったセリフが面白かったですw
そして一行は無事だるま珈琲に到着!

bizen_a24.jpg

笑談が止みません〜

このあと、だるまマスターとシンさんとセイさんと私は帰路についたのですが
残りのグルメ賢者、ディーさん、バスク輪さん、セーテンさんの三人は超大盛りランチを食べに行きましたw


たくさんの人と走るとやっぱり面白いですね!
自転車のいいところは、
目的地につくまでの工程や、達成感、感動、辛さなどを共有してそれぞれのつながりが強まっていく、面白い集団スポーツだと思います。

自動車やバイクなどのツーリングもあると思いますが、
全員で協力して、負担を分担して、なにより、それぞれの自分の足で目的地にたどり着くなんことはおそらく自転車だから味わえるんじゃないかと思います。

大人になってからこうやって楽しめるのも、
いいものですね!




よろしければ「清きの1ポチっと」お願いいたします!
ブログランキングに参加しています♪♪♪
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

その節はありがとうございました

この時の記事を書かんといかんと思いながらも裏C2Cの記事に入ってしまったところ、何てタイムリーなんでしょう
これで、書かなくていいですよね( ´艸`)ムププ
また来年の裏C2Cでご一緒できる日を楽しみにしています(爆)

Re: その節はありがとうございました

フクちゃんさん
こちらこそありがとうございました!

来年はご一緒できるように家族ポイント稼いでおきます^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしひろ

Author:よしひろ
ロードバイク初心者のよしひろです。ロードバイクなどの体験日記。ごゆるりと〜〜☆

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。