記事一覧

簡易HR計算

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒルクライム?そんなかっこいいものではありません。

みなさん、おはこんばんちは。
6月ですね〜蒸し蒸ししますね〜
普通にしていても暑いです^^

こんな湿度のなか、日中自転車に乗るときついですよね。
普通に生活していても、汗がジュワっ!とかくのに
ただでさえ、汗かきのわたしはボタボタものです。

最近、長い時間ライドする時間を確保することが難しく、
ご近所に、1時間ライドでそこそこいい登りがあるので、そこを使って朝活をしていますw

前回も書いていますが、
月曜の朝から、ひろみっちゃんさん(hirolime)、じゅん吉さん(junjunpinarello)、カズッチ(kaztch0043)さんとマー君とセイさん、そして私の5名が朝から山登りしていましたw
※1)英語のタイピングが面倒なのでw

カズッチさんとじゅん吉さん、そしてセイさんの登りの速さは
ひみっちゃんさんと私の登りのそれと大きく違います。

3人とも登りが速い!
平地はひろみっちゃんさん!
そして、貧脚の私はツキイチ専門w


後ろについてギアをどこ使ってるのかな〜とみていると
明らかに私と違う使い方をしていました。


※素人の目線からの観点ですので、そうなんですか!?参考になるなぁ〜という姿勢で読んでい
ただけると幸いです。


広峰の平均勾配は約8%
ギア選択が
17・19ぐらい?で上がっていってました。
きついところではもう少し落としていると思いますが(ついていけてないので見てないですw)
(後から聞くとカズッチさんは途中までアウターだったそうでw)
すでに、この時点で私は驚愕でしたw


リアのギア選択のマネをしながらあがっていっていたのですが途中であっけなく置いてけぼりですw

同じように選択しているのになんでかな!?!?と思ったら前を行く人の足を見ていると明らかにケイデンスの問題ですねw
私は途中からどんどん、ケイデンスが落ちていきましたが、先に上がった3人のケイデンスは私ほど落ちていないように見えました。

私は途中できつくなりロー側へ落とすのですが、
普通同じ速度を保とうとすれば、ロー側へ落とすとケイデンスはあがりますよね??

きつくなっているので落としてもそれ以上回せないので
結果、ドンドン離されていきます。

ギアを落としてケイデンスを上げていこうとしても、今度はハイペースになってしまい、チーンです。

当然といえば当然!ということを書いていると思うのですが、現実に目の当たりにすると、クライマーの方の乗り方は本当に勉強になります。

前から書いていたのですが、ただ単に上るのは時々にして
上るときのテーマ上っていこうと思います。
(今回は自分に言い聞かせるために書いていますw実際に上るときにはスコーーーンッ!と忘れているので)

リア固定でフロントだけで操作する、
フロントをアウター固定で筋トレモード
など色々と出来そうですね〜〜〜


そろそろ距離乗らないと長い距離乗れなくなりそうです〜
(⑅∫°ਊ°)∫コケーッ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

あの時はど~もです。
ヒルクライムが本当に好きな方はいろいろ考えながら登ってるんですねぇ。私は経験も浅く知識もないんで、ガムシャラに登るしか方法がなくって…。ペダリングをキレイにって所は意識してますが、何をテーマにすればいいのかまでは分かってないです。よしひろさんのさんの考えを参考にしますので、いろんなテーマをupして下さい。

Re: タイトルなし

せいさん
せいさんはがむしゃらに登ってくださいw
考えて乗るとまた早くなりますので><

素人の考えなんですから参考になるかわかりませんのでw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしひろ

Author:よしひろ
ロードバイク初心者のよしひろです。ロードバイクなどの体験日記。ごゆるりと〜〜☆

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。