記事一覧

簡易HR計算

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4時間エンデューロ 地獄からの生還w

みなさんこんばんは!
GW真っ最中ですね!

みなさんどんなGWの予定でしょうか!?
私は帰省をするおでほとんど何にもできませんw

ただいつもと違う地方へ向かうので、自転車を搭載して向かおうと企てているのですが
家族に見つかればどう言われるかわかりませんがなんとか持って行ってやろうと思います(*´ρ`*)

それでは前回の続きです。
岡山国際サーキットの4時間の戦いがローリングスタートで始まりました。
私は”はじめから”ポジション争いに負けていましたw
スタートする前の時の自転車の置く位置ですw

スタートして2周目に入る直前のホームストレートで、私の前方が開けました。

「ここしかないか!?」

脚を使ってでも前に出たかった私は列から外れ少しでも前に行けるように風の抵抗をまともに受けながら前に進みました。

いい隙間をみつけて、最終コーナー手前でハンドサインを出しながら隙間に滑り込みましたw

これが良かったのか悪かったのかはこの時の私の頭の判断ではできていませんでしたw
終わってからの今だと脚の無駄遣いだったのでは?ともう事もしばしば。

さぁまだ2周目w
ここからどうやって耐えようか考えてながらついて行っているうちに1周、また1周と周回数が重ねられています。

開始約50分過ぎ、たしか8周目を回っている時でした、事件が起きましたw

左ふくらはぎ!攣ったw

アップ不足+今のペースが耐えられないのかwということでしょうか体は正直ですw
こうなると今ペースを保つことすらつらいw

後続の方に迷惑がかからないようにそっと左により攣るのが治まるのを待ちました。
ペダルを回すとある特定のところでふくらはぎが、ピンッ!!

ボトルから特製ドリンクを飲んで、攣った左足のふくらはぎを伸ばすようにストレッチしたりしてなんとか治めることに成功。

ただ、治った頃には先ほどついて行った集団は遥か彼方w
もうついていけねぇw

1周6分のペースをと考えていたのですが、実際は遥か彼方の6:30~6:50をうろちょろw
足をつってからはタイムが落ちるのかと思いきやなんとかそのままぐらいのタイムを維持できました。

ただ、私の誤算はほとんど、ソロで動いていたので風の抵抗を常に受けながら走っていることが最大の間違いだったと思いますw

というのも、えらそうにいえることではないのですが、脚があうというのでしょうか、スピード域が同じぐらいの方となかなか出会えず、金魚のフン作戦を展開しましたが、どうもペースが合わないw
(※注意:かっこよくかいていますが私が速いわけでないですからね!)

よしペースがあった!と思っても、チームで参加されている方でホームストレートに行くとピット方面へw

という場面がなんどもなくあり、ほとんど風の抵抗との戦いになってきました。

バックストレートでなんとか同じぐらいかなぁ~という人をみつけては
後ろにつく。を繰り返しているうちにいつの間にやらヨッシ~さんに2rapを喰らいましたw

先頭集団の人たちがくる、少し前に、バイクが左によれ~先頭集団くるぞ~の合図を送ってくれるのですが、その列車が私の右側を通り越す際にチラチラっとみていると
住友さんを確認!ヨッシ~さんも確認!

今の私にはその高速列車についていく実力はありません。
ついていこうと思えばその列車に乗ることもできたと思うのですが、ついて行った時に、その後にこの4時間を走りきれるのか?とかなりの弱気になっていました。

タフネスな自分がまだまだそこにはありませんでした。。。

誰かの後ろについては、3~4人の集団を形成しては、消滅、の繰り返し。
風の抵抗を少しでも減らしたいと考えて走っている間に1時間30分を過ぎてからは7分20ぐらいでラップを刻んでいきました。

ここでも第二の攣りが発生w
今度は、ふくらはぎではなく内腿から足先までの強烈な攣りw
ペダルを回すにはなんとか回せるが、ペダルが上死点から下死点へ行く際に攣りが発生して思うように脚がまわせないwどうしても脚を止めないと攣りが酷くなる。

ホッブスコーナー手前でのわずかな直線で脚を止めて攣りの回復を試みます。
ドリンクの口に含み、ストレッチの繰り返し。

自転車の車体と私自身の体を前に進ませる推進力は下りの加速度だけw
ペダルを回すのもままならない場面が幾度なく迫ってきました。

ラップタイムもどんどん下降気味w

速い列車が横を過ぎる時にそのメンバーを確認しようとしたときに、

「よしひろくん、がんばりよ~」

とヨッシ~さんから励ましの声が!

まだ戦えてる!ヨッシ~さんすごすぎ!

その一声が、このときの、心が折れそうな私にとっては、すごいパワーをもらえたのかもしれません。


なぜ、ベストをつくさないのか!
わい、どんちゅう~ どぅ~ ゆあ~べすと!!


昔好きだったTVドラマのセリフが脳裏をよぎりました。

遅くとも、ベストをつくせーーーーーーっ!

私のやる気とは別に、23周目、スタートしてからの経過時間が2時間40分をすぎたころには、ラップタイムが8分台手前にw

3時間をすぎるころには、全体的に疲れが見えてきて、全体的に始まりのような勢いがなくなりました。

そんなか、レッドマンコーナーとパイパーコーナーとをつなぐ短かいストレートで

「うしろつきま~す」

と聞き覚えのある声が!

振り返ると、ヨッシ~さんでした。

途中まで先頭集団についていったこと、途中は先頭集団から分離した集団にいていよいよソロではしっていたことなどをその短い区間で会話をしました。

その後、ヨッシ~さんはリボルバーコーナーのイン側、をダンシングしながらあっというまに私の視界から消えましたw

速すぎですわ!

ついていこうにもついていけなかったです。

ここでついていっても途中で潰れそうだったのでw
↑弱気発言w

この後の次の周回では私は、おなかがいっぱいでしたw

というのも、ハンガーノックが起きないようにと、羊羹とENE-AIDと特製自前ドリンクを飲んでいました。ハンガーノックを起こすどころかお腹がいっぱいになったという次第ですw

疲れはありますが、エネルギーだけはフル充電状態でしたw

それとは反対に、コース上のコンディションに変化が!
疲れがピークを迎えているこのころに、さらに疲れさせようと輪をかけるように風が吹き始めました。

アトウッドカーブから最終コーナーへ向かう際にほとんどの場所で向かい風!

どMな私たちにどSな女神様のささやかなプレゼントということでしょうか笑

タイムもどんどん下降していきます。



4時間エンデューロが残りが10分を過ぎようとしたときにさらに攣りが発生し、ペダルを回そうにも回せない状況にw

ただ回復をまって惰性で走らせることしかできない状況に。
それでも1周でも周回数を重ねたい!と攣りがおさまってはペダルをまわし、残り5分のところでホームストレートを通過。

この周が最後。

もうタイムなんて気にしなくてもいい。
最終周、な~~~にも考えずに一周してゴールを迎えました。

走りきったあと、ピットに戻ると、ピットを貸してくださった臨時走会さんのみなさんやヨッシ~さんの姿がありました。

疲れはあるものの、その場にいる全員が「やりきった!」という達成感の雰囲気がそこにはありました。レース中の内容を会話する風景に笑顔がこぼれていたことが印象的でした。

私自身も「やりきった!」という達成感とともに、課題も見つかり、次回の何かしらのエンデューロの参加にはその課題はクリアしたいと思いました。


長いようで、短かった4時間エンデューロ。
来年もまた来るぞ!!

今年は10月に行われるサイクル耐久の2時間 or 5時間でいくぞ!



■リザルト
走行時間:4:02:58
平均速度:29.7kph
平均心拍:159
最大心拍:182
平均ケイデンス:89
最高ケイデンス;159

33周 -9 Laps



来年は40周目指すど~~~!


ブログランキングに参加しています♪♪♪
1ポチがよしひろのビタミン剤です^^
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

コメント

来年は一緒に先頭集団でもがきましょう!

Re:

ヨッシ〜さん

残り一年で来年は先頭集団で一緒にもがけるようにしますね!

そのときは、疲れたときに例の煎餅を周りに配り回りましょう*\(^o^)/*

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしひろ

Author:よしひろ
ロードバイク初心者のよしひろです。ロードバイクなどの体験日記。ごゆるりと〜〜☆

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。