記事一覧

簡易HR計算

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーテープを交換してみた!

明かりをつけましょ雪洞にー
お花をあげましょ桃の花~

というわけで3月となりました。
諸事情でなかなか時間が取れなくなっていましたが、
(仕事から帰ってくるのが次の日にw)
これもひとつの自己管理が甘い!ということで自分を戒めております。

さてさてあいだは少し開いてしまいましたが
前回の続きです。


ランぐれんさんのご好意でブロントギアを交換していただきました。
その節は本当にありがとうございました。
さらに、ランぐれんさんのおかけで交換できたところがあります。

そうバーテープです!
私がこの初号機に乗り始めてはや2年超。
中古で我が家にきたこの初号機のバーテープは約4年越し。
そろそろ衣替えということで、初挑戦してみました。

巻き方などの詳しい情報はインターネットに載っているものを参考にLet's Challange!



まずは古いものを剥がします。
これは簡単ですね。
色が白なので汚れがめっちゃ目立ちますねw



バーテープの下からゼリー状のものがw
全オーナーさんが振動を軽減させるために巻いてるクッションですね!このおかげでか、ロングライドのときでも私は手がしびれたことがありません。

バーテープを全部はがすとこんなかんじにw
ちょっと昆虫のお腹を連想させるような画になりました。。。


次に、下ハンの最後のところから巻き始めます。
ネットにも注意書きがあるのですが、ハンドルから約2cmぐらい余らせて巻くのがポイントです。新品のバーテープをそのまま巻き始めると最後にあまりが出ますので余分なところをカットします。
ハンドルの切れ目とバーテープの巻き始めが平行するようにカットします。

そしてバーテープの裏についている両面テープの保護シートを剥がして一度まきまきします。



はがしながらだと作業がしにくい!とかいてあったのですが実際に作業すると本当にそうでした!予め剥がしておいてOKでした!



一番の難所がこのブラケット部分。
剥がした時の手順を覚えておいたのでその手順で、巻きます。






そしていよいよ、フィニッシュ!
ここも最後の仕上げでそのまま巻くと最後は変に余りますので最後の一巻きぐらいでテープを真上に持ち上げてハンドルに対して垂直にハサミを入れます。

それから巻きますとバーテープがハンドルに対して垂直方向に綺麗に巻けます。



ここでビニールテープを忘れたことに気づきましたw
ビニールテープで最後を仕上げるとやっぱりはがれにくいよね?って勝手に思ってます。w

完成図はこちら!



おおーー!ビューティホー!?


このあとなんだかんだと4回ほど巻き直したのはナイショw
というのも失敗したことはまずはブラケット部分、。
このいただいたバーテープの場合、少しだけカットされたものが2つ用意されています。
これはブラケットの下の部分をこれで巻いておいてそれからバーテープを巻き始めれば、初めに巻いたバーテープが隙間を隠してくれます!
一回目は私はここにバーテープを巻くことをすっかり忘れてましたw

で巻き終わったあとに気づきましたw
三角コーナーの隙間ができているとw

その他の巻き直しは、個人的に間隔やら、フィニッシュのいちなどは気になりましたw


善は急げ!?やってみてもいいと思う作業でした!

あ~たのしかった!

よろしければ「清きの1ポチっと」お願いいたします!
ブログランキングに参加しています♪♪♪
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしひろ

Author:よしひろ
ロードバイク初心者のよしひろです。ロードバイクなどの体験日記。ごゆるりと〜〜☆

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。