記事一覧

簡易HR計算

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイコトバは「午前3時30分」ローディーの朝は早い?


みなさんおはこんばんちは!
早朝ローディーとして変態扱いされていることが多くなってきた、よしひろです。

特別早朝に走らないと行けないわけじゃないんですよ!
本当は昼間に「堂々と!?」走りたいわけです。
ただ時間の猶予がないのでそうなってしまっただけなのです。

早起きは三文の得とはよく言ったものです。
これだけ早く出発すれば、ちょっとの距離を乗っても家族が目覚める前に家に帰れることができる可能性がぐっと増えるわけですw

道行く人が、こんな早朝にピチピチのジャージ姿を見て、何も思わないとは思いませんがw



ただこれだけきれいな風景をみることができるのも、早起きの特権というところでしょうか?



そして今回も、昨日一緒に行っていただいたヨッシ~さんと早朝の旅をすることになりました。
アイコトバは「午前3時30分」となりましたw

本当に普通に変だともいますよwこの時間の待ち合わせ。

午前3:30

少し遅刻気味で私がマックに到着しました。
すでにヨッシ~さんは到着済み。

挨拶をかわしてから、すぐさまスタート。

体もあたたまる時間がまだなかったので
ヨッシ~さんから教えていただいたインナーでハイケイデンス走法を実施。
しばらくすれば体は温まりますが、その前に息切れも!?

ローテをお願いしておりまして途中くるくる二人で入れ替わりながら進んでいきます。
相変わらずなのですがローテするタイミングが難しいですね。
自分が頑張り過ぎる前に交代するということもあると思うのですが上りの途中でつい、おさきにどうぞ、と合図を送ってしまいそうなヘタレな私です。

とにもかくにもハイケイデンス走法の二人は御津からはじまるシーサイドロードに突入します。

今回の目的地も万葉岬・・・
ではなく、今回は 

赤穂御崎

です。

片道約50kmの道のりです。
朝3:30出発です。
クレイジーです笑

どうせ二人で行くならと少し遠目までと思っていまして(*´艸`*)

真っ暗のシーサイドロードを走っていきます。
ヨッシ~さんが前だといい感じの巡航速度で
私が前に出ると失速(TдT)

こんなことを繰り返しながら相生のペーロン城まで。

4:50分頃

今回は道のりも長いので一回目の休憩を入れます。



ヨッシ~さんヘルメットにつけているテールランプがザク風でかっこいいですね!

ちょっと一息をここでいれて次は赤穂御崎へ!!
私はこのとき大きな失敗をしていました。
気づいたのは赤穂御崎についてからのこと・・・

それまではまさかそんな状態で走っているなんて露にも思っていませんでした。


ペーロン城を後にして相生産業高校を高取峠へ向かわずに県道568号を使い海沿いに走っていきます。

海に出るまでにトンネルを2つ抜けるのですがその抜けた先に昼間だとかなり雰囲気のいいところがあります。

そこは山間に大きな橋が出てきてまるでグランツーリスモのゲームに出てきそうな橋です。
橋のしたにはIHIの工場が。

工場萌えの風景としてもひとつの候補に入ると思います。

こんなところでレースなんてするとカメラ映えは最高だと個人的に思っています。

が、いまは夜明け前の早朝。
シーサイドロードに比べて道幅も狭くなり、真っ暗ということもありスピードが出せませんw二人共まったりモードですw
ヨッシ~さんのライトがないとちょっと心もとないです。

「あ~電池切れた!!」

ここでヨッシーさんのライトの電池とおもいきや
Garminの電池が切れたようです。
こんなのとこでライトの電池がきれると致命傷ですね・・・

うだうだ話をしながら、怪しい二人組は赤穂御崎へ到着。

5:30頃


私は初めて来たところでした。ヨッシ~さんは何回か来たことがあるようです。
赤穂浪士で有名な、大石内蔵助の像の前でパチリ!



それから近くの休憩所でコーヒー休憩しようとした時に私はついに気づきました!
大きなミスを犯したことを・・・

「財布ないやん!!!」

そうなんです財布をどこかで落としたみたいんですw
財布なんですが小銭いれと札入れと2刀流の私なのですが小銭入れのほうがあるはずべきのところにありませんでした。

それもそのはず。サドルバックが半分以上履いてましたww

「後ろについた時には落ちた気配なかったけどな~」

とヨッシ~さんにいわれましたが、小銭入れがなかったのですw
奇跡的に他のものは落ちていませんでした。

自販機前でコーヒーを飲みながら、そして、本日のライドの出発してすぐに
コンビニよって買っていたパンやおにぎりをmgmg

口を動かしてはいたのですが、頭のなかが真っ白にw
もしかしてもしかして!と最後の希望にかけました。

こころのどこかであそこに行けばあるのでは??と不確かな考えが私を支配していました。
さきほどの赤穂御崎でおとしたわけでもなく、道中でおとしたわけでもなくおそらく、さっき休憩したペーロン城にあると。

しばし休憩後。元きた道を戻ります。時間も夜明け前。
東の空が真っ黒から、紺色へと変わってきていました。

日本の夜明けが、太陽が目覚めようとしていました。

やっぱり、この瞬間が心をリフレッシュしてくれる、

と私は感傷にひたります。

ひたっていますが、もちろん走っていますwや

元きた道をえっちらおっちら。

赤穂から相生へ。
そしてペーロン城へ。

さっき休憩したところにそそくさと向かいます(^_^;)


ありました!ありました!!

私の大切な小銭いれ!
中身は少量しか入っていないのですが財布のほうが大事!
※お金も大事!w

ほっと旨をなでおろしてここでトイレ休憩。



6:30

ペーロン城からいよいよ万葉岬へ!!!

シーサイドロードを今度は相生から御津方面へ。

あたりはすっかり明るくなって、見通しもOK!

んん???

前方に自転車乗りさんを発見!!

私達とその自転車乗りさんとの間が詰まっていきます。
追い越す際に、あいさつを。

ん?見覚えあるよ!?このミニベロ!

少し前に万葉岬にあがったときに二言三言言葉を交わしたことがある御方でした。

「どこむかうの~?万葉岬?」

ヨッシ~さんは、そのミニベロ乗りのAhofistaさんに声をかけていました。

ここからはAhofistaさんを吸収して三人でローテをしながら万葉岬へ。

三人が三人共ハイケイデンスをしてましたw

とはいうものの私の足はもう悲鳴を上げておりますw

万葉岬の手前の上りにさしかかり、

ヨッシ~さん、Afofistaさん、私の順番でしたが
Afofistaさんがお先にどうぞということで私達二人が先行しました。

徐々に徐々にヨッシ~との差が広がっていきます。
やっぱりすげ~っす!

そしていよいよ万葉岬の上りの差し掛かってから、ヨッシ~さんが私の前から消えるのはそう時間のかかる話ではありませんでしたw

70kmほど走って、この走りっすか!!!

あっという間にちぎられましたww
なんとか私も貧脚に鞭打って、登れました。

絶景ポイントに向かった頃にはヨッシ~さんは自転車からおりて
まったり風景を楽しんでいらっしゃいましたw

はやすぎっす!

それからAfofistaさんも登ってきました。



ここで日の出を待ちます。
三人が会話をしてるとまもなく。



きたきた!!


おお!!きれいじゃ!!!



マンガのセリフからパクりますがww
この空と海の景色が疲れきった心を癒してくれている、
これでまた、次の一週間が頑張れると私は思っています

この時期は、そのためにこの万葉岬に来ることが多いです。
普段の時間は真っ暗ですがwそれでも夜景もキレイですけどね!

しばらく、景色を楽しんだ後、ヨッシ~さんと私は帰路につきました。
帰り際もヨッシ~さんにちぎられたりしながら、ヨッシ~さんの強さの再確認をしました。

もっと練習せねばと思う次第です。
帰りは特に大きなこともなく、流れ解散となりました。


また土日は万葉岬で心のやる気充填を行いますかな!?



*************
走行距離:99.31km
走行時間:4:02:28
平均速度:24.56km
平均心拍:149
最大心拍:180
消費カロリー:2395kcal
*************

よろしければ「清きの1ポチっと」お願いいたします!
ブログランキングに参加しています♪♪♪
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こちらでは初めまして。
私も体中が悲鳴を上げていました(>_<)
ここだけの話、万葉直前の鰯浜の坂で最初から千切れる来満々でしたw。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

Re: No title

Ahofista さん
こちらこそよろしくお願い致します!
またまた万葉なり赤穂御崎なりお伺いさせていただきます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしひろ

Author:よしひろ
ロードバイク初心者のよしひろです。ロードバイクなどの体験日記。ごゆるりと〜〜☆

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。