記事一覧

簡易HR計算

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクの夏休み〜城崎温泉を横目(涙)に海へ到着〜

みなさま、こんばんは!

変な天気が続き予定が立てにくいですね(^_^;)
先日の城崎ツーリングから早3日が経過して
お盆休みもいよいよ大詰めとなってきました。

本格的な筋肉痛も昨晩の夜遅くから襲ってきました。
その筋肉痛の箇所をピンポイントに狙って、
いるわけではないでしょうが
2歳の娘に、ドスンっと座られて
うめき声をあげている、よしひろです。


今日は終戦日。
地上波で硫黄島からの手紙も放送していますね。

戦争のことは、私は文献や映画・マンガ、
海外で起こる紛争をニュースで見ることぐらいでしか
知ることができません。

謹んで哀悼の意を表します。





それでは、前回の続きです。

ボトレガさん主催で
姫路市の砥堀にあるローソンから
城崎温泉を横目に日本海を目指すロングライドです。

一行は無事、
朝倉トンネルの手前のローソンでピットイン。

日本海まで残り20数km(のはず・・・)。

休憩で少し体力を復活させ、出発の時が来ました。
出発してまもなく、
朝倉トンネルの信号によって
先頭集団と後続集団が大きく距離が離れてしまいました。

私はこの後続に入っておりました。
トンネルを通ることは交通量も多いことから
一行は旧道側を走ります。

黒ローディーさんが前を引いてくださり
そのまま一行は円山川沿いを進み
播但線の国府駅付近まできました。

と・こ・ろ・が!!

とある交差点に差し掛かったところで
歩道に先頭集団の皆様方が。。。

どうもアクシデントがあったようです。

そう、落車です。

原因はハスってということでした。


少しの間立ち上がることもできずで
しばらくしてから、すぐ近くのコンビニで
色々と手配することになりました。

大事にならなかったのが不幸中の幸いでした。

今回のメンバーのお一人の方が
すぐに車など手配されて、
無事帰宅できるようになったそうです。

手配いただいた方に感謝です!

ここで二人が抜けることになりました。

落車された方の回復が一日でも
早くなることをお祈りいたします。


先日、私もハスって落車した経験があります。

集団で走る以上、
いつも走っているメンバーだと
走り方・癖などがわかると思うのですが
初対面同士で走ることになるときには
ある程度のルールを設けることで
また、お互いに気を張り合うことを
忘れてはならないと思いました。
前に誰かが走っているということ、
後ろに誰かが走っているということ
自動車であればブレーキランプやウィンカー、
ヘッドライト、クラクションなど
いろいろな方法があると思いますし、
運転している時は、
それなりに気を張っていることが多いと思います。

自転車に乗っているときのにも
この緊張感は必要だと思いました。
またもといろいろな合図を、
声を出していければとも思いました。
そういうことができれば
このような事故を免れたのかもしれません。

私も普段はソロで走っていたり
二〜三人で走ったりとで
ここまでの大集団で走ることというのは
ほとんどありません。
今回のライドで色々と学ばせていただきました。
本当にありがとうござます。



私達一行は、
城崎の先、日本海に向けて再び出発しました。

円山川沿いに走ると、日本海からの向かい風が
行く手を阻みます。

城崎が近づくにつれ
風に潮の香りが乗ってきます。

「海が近い!」

潮の香りが一行の疲れをしばし忘れさせたのかもしれません。

私もこの香りで逸る気持ちを抑えきれませんでしたが
脚がまわりませんw

そしてついに城崎ツーリング(トレーニング?)は無事日和山に到着!

まだ半分なんですよね(´・ω・`)


そのこともつかの間忘れて、思い思いに写真をパチリ!

hiyoriyama.jpg


hiyori_bike.jpg

WDAさんもお疲れモード。

wa_gutiru.jpg


私もKKさんにパチリしてもらいました!

yoshiihro.jpg

日本海来たったど〜〜〜〜

そして、しばし休憩の後、
近くのコンビニで昼食タイムに。

他の皆さんは結構ガッツリ食べていらっしゃったのですが
私はおにぎりを二個食べました。

このときに私は大きな間違いを
犯していたのかもしれません。。。

主催のボトレガさんのネタ画像。
neta_botorega.jpg

大興奮でオモラシ!?(*´ω`*)

休憩の後、帰路につくことに。

彈丸列車の最後尾で
ちょっと休憩させていただくことに(*´ω`*)

来るときの向かい風が
今度は追い風となって私達の背中を押してくれます。

kiro.jpg


必然とスピードも上がります!

このまま向かい風が、後半の難所
生野峠まで続いてくれればいいのですが・・・


読んでいただきありがとうござます!
今日はここまでで、力尽きました。

小学生や中学生、高校生でも
瀬戸内海から日本海へってかなりの冒険ですよね??

私のような歳になっても
そのワクワクが味わえるということが
ロードバイクに乗る意味になっています。

学生のときにロードバイクと出会っていれば
おそらく夏休みを利用して日本一周などの大冒険
に出ていたであろうと思います。

ほんとうに、この出会いに感謝です。

よろしければ下のボタンをポチっとお願いいたします!
ブログランキングに参加しています♪♪♪?
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしひろ

Author:よしひろ
ロードバイク初心者のよしひろです。ロードバイクなどの体験日記。ごゆるりと〜〜☆

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。