記事一覧

簡易HR計算

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素人なりにペダル回しを考えてみた件

今年も山を登るって〜♪
いっぱい坂を登るって〜♪

約束したじゃない〜
あなた約束したじゃない〜


歯痛い(;_;)


よしひろです。

約20年ほど前に治療した虫歯が
再びうずいてきました。
この痛さはどうして我慢できないのでしょうか?

治療中なのですが
ロキソニンが手放せません。



手放せないといえば、そう!
自転車ライフですねw

今日は素人なりにペダリングについて考えてみます。
といっても詳しいことはわかりませんので
素人なりの考えです〜

個人の体験にもとづいて書いているので
ホンマでっかーというスタンスでみていただければ幸いです!
※間違いをかいているかもしれませんのであしからず



はじめに私が特に気にしているのが
足首の角度です。

というのも乗り始めの時は
何も気にせず乗っていましたが
あるときふくらはぎが攣りそうになりました。

考えてみると、
ペダルを回すときに足首がグネグネまがっていた
(下死点の時にかかとが下がっていた)
のだと思います。

自転車に乗らなくても、
普通に立ったまま、つま先立ちしようとすると
ふくらはぎとその横の(脚の外側)の筋肉を使っていると思いますが
(指で触っていると、あ、うごいているな〜と感じると思います)
これが攣る原因かな〜と素人なりに考えておりまして
それから、足首をある程度固定するように意識しました。

角度は、つま先下がり、
ひらがなの「へ」をひっくり返したぐらいの角度、
120度ぐらい?を意識して
乗り始めました。

ずっとその角度を保つというのではなく
かかとが下がらないようにするという意味で
これを意識しながらペダリングをすると
今まで以上に推進力が得られた、と体感しています。

かつふくらはぎが攣ったり、膝より先の部分の疲労感は
ある程度軽減されたと思います。


それを体感してからは、かかとが下がらないよう、
(特に疲れた時は要注意!!)
ペダルをくるくるまわしています。


次は膝のところですが
ママチャリやロードバイクの乗り始めのときは
膝から下でペダルを押すようにしていましたが
これをすると、すぐにふくらはぎやすねの外側のところが疲れました。

この乗り方だと疲れやすいので
いろいろ素人なりに調べて、モモで回すようにしました。
その先はモモについてくるだけで力はできるだけリラックス状態を意識。
(足首の角度は意識していますよ!)

この意識のおかげか長距離も以前に比べて
乗れるようになっていきました。

そして最近意識しているのが
モモの付け根で回すように意識してやっております。

これまたいい感じに、
これまでより更に大きな筋肉を使っているように感じました。

速度も速めで長い間ペダルをまわせていけそうにも思いました。


なんでもとりあえず良さそうなのはやってみたくなる性分なので
自分の経験が増えることが今後の糧になるんじゃないかと思っております。


素人なりの考えですが、
少しでも楽に、少しでも速くなれればいいな〜と


厳しいトレーニングは抜きでw




読んでいただきありがとうございます!
よろしければポチっとお願いいたします!
ポチッとがよしひろのビタミン♪です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしひろ

Author:よしひろ
ロードバイク初心者のよしひろです。ロードバイクなどの体験日記。ごゆるりと〜〜☆

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。