記事一覧

簡易HR計算

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高負荷後の心拍の変化

みなさまおはようございます。

前回の続きです。

ライダー1号さんと私よしひろが
私の気まぐれコースによりヘロヘロになるというお話の続き。

前回はいろいろなアクシデントが続き、
移動時間より、アクシデント「黒カビ事件」の対策に時間を費やし、
予定時間より大幅に遅れて進行しております。

我々、調査団はついに、秘境、青木功ゴルフクラブの手前の坂、
イサオ坂(勝手に名づけましたw)にアタックを仕掛けることとなる。
果たして我々は無事この秘境を乗り越えることができるのか?



イサオ坂。

ルートラボだとそんなにきつくない?ようにみえますが
途中に壁のように現れる11%OVERの坂がたまりませんw

青木功ゴルフクラブの入り口まで全工程約4km強
11%を超える坂が続くナイス坂w

ルートラボで触ると20%とかでてくるのはバグですかね?
上っている最中に壁のように現れる坂がでてくるので
案外本当かもしれませんねw

このイサオ坂に向かうまでに1人のローディーさんとスレ違いました。
多分この坂を超えてきた方でしょう。

私達もついにこの坂へたどり着きます。

何故かここにくるまでに、向かい風が私達探検隊の体力を奪います。

先頭を走る私。

こんちくしょう!!!!

惣流・アスカ・ラングレーもびっくりなのであります!

と一人プレイを楽しんでいる間にイサオ坂に到着。

イサオ坂(勝手に命名してますからねw)の説明を
ライダー1号さんにすると、

「もう坂はいいですわ」

とナイスな意見をいただきましたw

ここに来るまでに幾つものアップダウンもあり、向かい風もあり、
おそらくこのライダー1号さんの脚の体力を奪っていたのは想像にかたくありません。

ただこのライダー1号さんは20kmマラソンやフルマラソン参加したことのある猛者です。
あなどれません。

イサオ坂、表現で言えば、
初めちょろちょろ、中パッパ。赤子泣いても手を抜くな!!!

そんなショートストーリーを奏でてくれますw

皆様是非お越しくださいませw

登り始めてすぐに私はライダー1号さんに言いました。

自分のペースでいいのでゆっくりあがってみてください。

そう言い残し私はライダー1号さんの後ろへ。

この坂を登る前にライダー1号さんに言っていたことがあります。

ダメな時は足ついてもいいですよ!
怪我するよりも大分ましです!、と。


私は発破をかけるために言ったわけではなかったのです。
正直、私自身も途中で脚を付きたくなりますw

しかし、私はこの時、ライダー1号さんの男気を
目の当たりにしました。

坂が一番きつくなるところ。
時速で言えば7kmもでるかでないかの速度。

ライダー1号さんのギアも私のギアもインナー☓ハイでもう後はありませんw

ゆっくりゆっくり確実にライダー1号さんが登っていきます。
全然足をつく気配がありません。
このときに私はライダー1号さんの根性をみることになりました。

つづら折れが始まり、

もうすぐ終わりますよ!!!

と私が前にでて声をかけそのまま私はライダー1号さんを残し先に頂上へ。

ride1.jpg
ride2.jpg
ride3.jpg
ride4.jpg
ride5.jpg

ライダー1号さんも初挑戦で
このイサオ坂最大の難関をクリア!

やりました!

これでまた男気がレベル1あがりましたよ!!

もうあきまへんわ!

頂上を超えた時にライダー1号さんが言い放ちましたw

第一関門の頂上を越え少しだけ下り区間。
この間をゆっくりゆっくりと進み脚を回復させます。

そして二回目。

さきほどよりもゆるい坂なのですが
最後の最後。約2,300m?激坂が現れます。
ゴルフ場の一歩手前ですw

その激坂もふたりともなんとかクリア。

青木功ゴルフクラブを越えたところでしばし休憩。
休憩後に兵庫県と岡山県との県境にきました。

bisen.jpg

まさに県境。
ついに我々調査団は秘境を乗り越えることが出来ました。
この県境へ来る最中も少し上り坂がありましたw

この県境の到着時間が12:30頃。
岡山方面へ向かうとどうすすんでも?
時間がたりません。
ココで引き返せば時間に間に合う可能性がでてきます。

実は私に門限がアリましたw

17時。

それまでに帰宅できればOKでした。
なのでこのまま岡山方面へライダー1号さんと向かうと
ほぼ確実に時間に間に合わないとわかりました。

ライダー1号さんもそろそろ体力に限界もきているようで
長い休憩をそろそろ取り入れないといけないようになりました。

決断の時!



時間的なこともありますが、ライダー1号さんの体力もみながら
引返すことを、二人で決断しました。

帰りは楽々!

ほとんど下りですw
さっきまでの苦労が全く感じられませんw

青木功ゴルフクラブから下り、安室ダムを経由し、またまた上郡へ戻りました。
そして平坦道にきてからふと気づいたことがあります。

さっき山へのぼる手前のときのように同じようにペダル回しているのに
心拍がそんなに上がらない?

なんでだ!?
下り坂だから?
他にも原因はあるかもですが、あきらかに?
平坦のところもそうでした


同じようにペダルを回しているのに?
なぜ?

高負荷がかかった後はこうなるのが一般的なの?どうなの?
高負荷がかかる前と同じようにペダルを回して、速度も同じように出してるんだけどなぁ??


その気楽さにライダー1号さんもこの余裕っぷり。

ride6.jpg


下りだけじゃない何かしらの理由がありそうですねこれは!!

皆様もそういう経験ってお持ちでしょうか?
こうやったあとは心拍数があきらかにさがったよ!というような内容です。

後日調べてみましょうw

血液を送り出すメカニズムもないかしらありそうですね!


イサオ坂を下りきり、上郡の街に吸収された
我々調査団は空腹を訴え、ボン・マルシェにピットイン。

店内をくまなく探すと、なんと食料を見つけました!!!

しかも、バイキングあり!自分で盛り付けするカレーもあり!
飲食スペースもあり!と
疲れきった我々調査団には最高の

お・も・て・な・し


ここで少し長めの休憩をとりました。
パンを食べましたけどねw

ありがとう!上郡のボン・マルシェ!


昼食の最中に今からの進路を決める二人。
さてさてどうなるのか二人の珍道中w



よろしければポチっとお願いいたします!
ポチッとがよしひろのビタミン♪です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村











関連記事
スポンサーサイト

コメント

迷?コンビやね^_^

Re: タイトルなし

> 迷?コンビやね^_^
爆裂WDAさん
迷コンビwですww

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしひろ

Author:よしひろ
ロードバイク初心者のよしひろです。ロードバイクなどの体験日記。ごゆるりと〜〜☆

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。