記事一覧

簡易HR計算

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードバイクのLSDについて素人なりにちょこっとまとめ

こんばんは!みなさま!
さっそくですが、
LSDに関して自分になりにまとめてみました。
ご意見は様々あると思いますが
これは有益だ!と自分なりに思ったものをまとめました。


LSDってなに?
Long Slow Distance (ロング スロー ディスタンス)の略ですね!?
私の場合は脳内変換されて
Limited Slip Differential (リミテッド スリップ ディファレンシャル)
となりますがwまぁそこは置いておいて。

※下記の内容は素人がまとめた内容です。
ホンマでっか!?というスタンスで読んでいただけますと幸いです



LSDの効果としては
末梢適応、すなわち毛細血管密度の向上をはかり
ミオグロビンやミトコンドリアの数を増やし
遊離脂肪酸使用率の向上させ
グリコーゲン貯蔵量の増大を促進する効果がある、

といわれています。
マラソンやロードバイクなど長距離をする者にとっては
いいことづくめだと思います。

そしてLSDといえば運動強度!運動強度といえば心拍!

◆計算方法
(220ー年齢)☓60〜75%

これがよくいわれる?LSD実施時の心拍の範囲です。
私の場合は
下、112、上141ですw

もう一つ計算方法があって

(最大心拍数ー安静時心拍数)☓60〜70%+安静時心拍数

というのもあるようです。

いろいろとありますがこの2つで割り出せば
いいと思いますw

計算を出してくれるサイトもあるようですので
リンクも貼っておきますね!

自転車トレーニング おたすけ計算機

末梢毛細血管の発達が目的の場合は、
低めの心拍数100~110bpm(最大120bpm)

ともいわれるそうです。


運動時間は
6〜8時間が理想とされていますが
プロでもない私達が、なかなかできない時間ですね・・・

初心者の方でも30分以上は実施するってことですが
渡しの場合はもっぱら2時間程度が多いですね。

信号待などストップ&ゴーが多いので
なんとも言えませんがやらないよりはやったほうがいいですね!



LSDとは話が違うのですが
インターバルトレーニングで短期間でレベルアップの方法もありますね!

興味深い内容は

最大パワーの85%のワークアウト 8☓4分
リカバリー30秒

を行うと

最大パワー出力175%のワークアウト 12☓30秒
リカバリー4〜5分

と同程度のパフォーマンスがあるようです。

そもそも最大出力を計る方法がない私には
できない用に思うのですが、
参考になる内容です。


LSD中はケイデンス、巡航速度は気にしない!っていうのが
セオリーのようで、いかに心拍を抑えながら(おさめながら?)できるかが
キーポイントで、急にペースを上げたりしないっていうのが最大の目標ですね。

常に一定で行う、というのを心がけていけばOKだと思います。

ローラー台があれば、一定にする、ていうのが
比較的簡単にできるんだろうけど、
私の場合は家族と要相談事項ですw



ご意見等々ありましたら
お気軽にコメントくださいませ!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしひろ

Author:よしひろ
ロードバイク初心者のよしひろです。ロードバイクなどの体験日記。ごゆるりと〜〜☆

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。